マツダの世界生産、3.1%減の156万9665台で7年ぶりのマイナス 2018年度

マツダ防府第2工場
  • マツダ防府第2工場
  • CX-5
  • CX-3

マツダは4月25日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年度比3.1%減の156万9665台で、7年ぶりのマイナスとなった。

国内生産は、『CX-3』や『CX-5』などが増加し、同2.4%増の101万0160台で2年連続のプラス。しかし海外生産は、『アクセラ』や『CX-4』などが減少し、同11.6%減の55万9505台、5年ぶりに前年を下回った。

国内販売(軽含む)は同2.0%増の21万4534台、2年連続で前年を上回った。CX-5や『CX-8』の販売好調が寄与した。登録車のシェアは同0.1ポイントアップの5.2%となった。

輸出は欧州向けなどが増加し、同1.8%増の83万5892台で4年連続のプラスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタグループの世界生産、2.1%増の1063万4905台で3年連続プラス 2018年度 画像 トヨタグループの世界生産、2.1%増の1063万4905台で3年連続プラス 2018年度
  • トヨタの世界販売、1.3%増の954万7350台で7年連続プラス 2018年度 画像 トヨタの世界販売、1.3%増の954万7350台で7年連続プラス 2018年度
  • スバルの世界生産台数、3年ぶりの100万台割れ 2018年度 画像 スバルの世界生産台数、3年ぶりの100万台割れ 2018年度
  • 新型マツダ教習車発表、SKYACTIVテクノロジー搭載で理想を追求 画像 新型マツダ教習車発表、SKYACTIVテクノロジー搭載で理想を追求

特集