京成の『イブニングライナー』に令和への元号跨ぎ列車…旧成田空港駅への『令和号』も運行

『イブニングライナー83号』と『令和号』には『スカイライナー』でおなじみのAE形が使われる。
  • 『イブニングライナー83号』と『令和号』には『スカイライナー』でおなじみのAE形が使われる。
  • 令和元年5月1日に運行される臨時『令和号』のヘッドマーク。

京成電鉄(京成)は、平成最後の日となる4月30日に『「平成→令和」記念イブニングライナー』を京成上野~成田空港間で運行する。

この列車は『イブニングライナー83号』として運行されるもので、時刻は京成上野23時発~日暮里23時06分発~京成成田0時2分着~成田空港0時12分着。ダイヤどおり運行されれば、京成佐倉~京成成田間での走行中に平成から令和への元号跨ぎを迎える。

なお、当日はオリジナルの乗車記念カードと「令和」をデザインした伊藤園の「お~いお茶」新茶ペットボトルが配布されるほか、5月1日から京成成田駅で発売される「天皇陛下御即位記念乗車券」を先行して購入できる。

また令和元年5月1日には、京成上野~京成成田~東成田間でツアー臨時列車『令和号』が運行される。

京成成田駅で下車する「新元号令和記念成田山新勝寺参拝コース」(旅行代金大人5000円・子供4200円)と東成田駅で下車する「平成を懐かしむ旧成田空港駅見学コース」(旅行代金大人6000円・子供5200円)があり、旧成田空港駅見学コースでは旧成田空港駅(現・東成田駅)のホーム見学などが行なわれる。

当日は京成上野駅(東京都台東区)を9時2分に出発。募集人員は両コース合わせて398人で、京成トラベルサービスの各店舗や同社のウェブサイトで申込みを受け付けている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集