北陸鉄道が平成から令和への新元号記念列車…浅野川線を1往復 4月30日-5月1日

浅野川線を走る、元京王電鉄井の頭線用3000系の8000系電車。新元号記念列車の乗客にはヘッドマーク型マグネットがプレゼントされる。
  • 浅野川線を走る、元京王電鉄井の頭線用3000系の8000系電車。新元号記念列車の乗客にはヘッドマーク型マグネットがプレゼントされる。
  • 4月19日から浅野川線と石川線の各1編成に掲出される改元記念ヘッドマーク。

石川県の北陸鉄道は、平成最後の日となる4月30日から令和元年5月1日にかけて、新元号記念列車を運行する。

北鉄金沢駅(金沢市)と内灘駅(内灘町)を結ぶ浅野川線で運行され、時刻は北鉄金沢23時43分発~内灘0時00分着・0時08分発~北鉄金沢0時25分着。

北鉄金沢駅では、4月30日10時から新元号記念列車のみに使用できる硬券記念乗車券(400円)が250枚限定で発売されるほか、4月19日からは浅野川線の1編成と、野町(のまち)駅(金沢市)と鶴来(つるぎ)駅(白山市)を結ぶ石川線の1編成に「祝令和」「祝平成から令和へ」と書かれたヘッドマークが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集