オープントップバスで横浜・みなとみらい地区を周遊 4月20日から定期運行

横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊
  • 横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊
  • オープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS横浜」のイメージ
  • 横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊するルート

京浜急行電鉄は4月8日、横浜・みなとみらい地区の都心臨海部を周遊する2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS横浜」を4月20日から運行すると発表した。

今回運行するバスは、2017年度に横浜市が、横浜都心臨海部で「まちを楽しむ多彩な交通」の導入を進めていくことを目的に民間事業者へ提案企画を公募し、その中で採択された企画の1つ。京急電鉄としては訪日外国人を含めた多くの人が、都心臨海部を回遊しながら景観を楽しめる交通サービスを提供するために実施する。

バスは、2階席の屋根がなく開放的な空間と普段では味わえない高さ約3.5mから横浜・みなとみらい地区の景観を楽しんでもらう。

運行日は土・日・祝日のみの運行で、雨天・荒天時は運休となる。定員は42人。乗車料金は大人1800円(小児・幼児900円)。

京急電鉄は、2019年秋に本社機能を品川・泉岳寺から横浜・みなとみらい地区に移転する予定で、横浜で「京急」の認知度アップを図るとともに、同地区の新しい賑わいの創出や観光を促進していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ウィラー×東京大学、高速バスの自動運転・隊列走行に関する共同研究成果をWEBで公開 画像 ウィラー×東京大学、高速バスの自動運転・隊列走行に関する共同研究成果をWEBで公開
  • パンタグラフを通し高速充電…関電の旧トロバス路線に電気バス 4月15日から 画像 パンタグラフを通し高速充電…関電の旧トロバス路線に電気バス 4月15日から
  • ドコモ、AI運行バスの提供開始…乗りたいときに行きたい場所まで自由に移動 画像 ドコモ、AI運行バスの提供開始…乗りたいときに行きたい場所まで自由に移動
  • 京成バス、プラネタリウム仕様の夜行高速バスで女性客の増を狙う 画像 京成バス、プラネタリウム仕様の夜行高速バスで女性客の増を狙う

特集

おすすめのニュース