日立オートモティブ、テーマは「人・クルマ・社会がつながる未来へ」…上海モーターショー2019出展予定

日立オートモティブシステムズ ブースイメージ
  • 日立オートモティブシステムズ ブースイメージ

日立オートモティブシステムズは、4月16日から25日に中国で開催される上海モーターショー2019に出展、「Moving Forward! 人・クルマ・社会がつながる未来へ」をテーマに、次世代の先進車両を支える、幅広い自動車機器テクノロジー・製品を展示する。

中国では、NEV(新エネルギー車)規制が今年1月より施行されるなど、環境規制が一層厳格化。このような背景を受け、各カーメーカーはEV(電気自動車)やHEV(ハイブリッド自動車)などの新車を次々に市場に投入し、環境対応車の普及に向けた動きに拍車がかかっている。また、交通事故や交通渋滞などが社会課題となっている中国では、これらの課題解決に向け、官民一体となった自動運転技術の開発が急速に進められている。

今回の上海モーターショーでは、日立ブースに「自動運転システム All in One Car」「 電動パワートレインシステム」「自動運転システム」「高効率エンジン燃焼制御システム」「燃費向上エンジンシステム」「VRライドシアター」といった6つの紹介コーナーに分けて展示を行う。

自動運転システム All in One Carでは、モーターやインバーターなどの「電動化技術」、周囲の状況を検知する「360度センシング技術」、それらの検知情報を基に車両制御を行う「安全制御技術」の協調により実現する自動運転システムなどをデモカーに搭載。実機と映像によるバーチャルな演出で紹介する。

電動パワートレインシステムコーナーでは、ZEV規制対応などにより、需要が拡大する電動化システムにおける同社のコンセプトや、電動化システムのコア技術を、パネルや映像、実機にて紹介。自動運転システムコーナーでは、安心・安全で快適な自動運転に寄与する、同社の自動運転システムのデモ走行を映像にて紹介する。

高効率エンジン燃焼制御システムコーナーでは、燃料エネルギーを無駄なく運動エネルギーに変換し、熱効率を向上させることで、CO2を低減する同社のエンジン燃焼制御システムを紹介する。燃費向上エンジンシステムコーナーでは、次世代の高効率エンジンシステムとして、「燃焼」、「熱」、「エネルギー」の各制御システムを映像で紹介。VRライドシアターコーナーでは、日立グループの自動運転技術を、360度の臨場感ある立体映像とともに、8人乗りのVRライドシアターで体験できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ紡織、中国で企画・開発・製造した製品を出展へ…上海モーターショー2019 画像 トヨタ紡織、中国で企画・開発・製造した製品を出展へ…上海モーターショー2019
  • トヨタ C-HR のEV、兄弟車とともに発表へ…上海モーターショー2019 画像 トヨタ C-HR のEV、兄弟車とともに発表へ…上海モーターショー2019
  • ホンダがEVコンセプトカー発表へ、スポーツEV第2弾…上海モーターショー2019 画像 ホンダがEVコンセプトカー発表へ、スポーツEV第2弾…上海モーターショー2019
  • VW、高度な自動運転車の公道テストを開始…レベル4は初 画像 VW、高度な自動運転車の公道テストを開始…レベル4は初

特集