トラックカーナビ、複数ドライバー間での共有機能を拡充…地点情報にも対応

トラックカーナビ、複数ドライバー間での地点情報共有
  • トラックカーナビ、複数ドライバー間での地点情報共有

ナビタイムジャパンは、Android OS向けトラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」の共有機能を4月4日より拡充。複数のユーザー間で地点情報を共有できるようにした。

これまでも、互いの現在地や目的地、到着予想時刻、走行軌跡などの情報はリアルタイムに共有できたが、ユーザーから地点情報も共有したいとの要望が多く、今回、機能を拡充した。

地点情報の共有では、複数のユーザーでグループを作成し、地点情報を同時に共有できるようになった。また、グループに所属するユーザーであれば誰でも地点情報を追加・修正でき、「休憩場所」や「搬入口」、「荷渡地点」などのタグを付けて管理したり、メモ(最大140文字)の入力も可能になった。ユーザーは最大3つのグループを作成でき、目的や参加メンバーに合わせて利用できる。

今回の対応により、従業員間で取引先やその周辺の待機場所を共有するなど業務で活用できるほか、トラックドライバー同士で大型車が駐車可能な飲食店や休憩所などの有益な情報を共有する場としても利用できる。

なお、iOS向けトラックカーナビでも順次対応する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 女性ドライバーが運転しやすいトラック、国交省があり方を策定 画像 女性ドライバーが運転しやすいトラック、国交省があり方を策定
  • タイムズ24、東名豊橋PAにトラック専用駐車場予約システム提供 社会実験開始 画像 タイムズ24、東名豊橋PAにトラック専用駐車場予約システム提供 社会実験開始
  • トラックの燃費基準を引き上げ、2025年度までに13% 画像 トラックの燃費基準を引き上げ、2025年度までに13%
  • 宅配便大手4社がダブル連結トラック共同輸送、運転時間9157時間削減へ 画像 宅配便大手4社がダブル連結トラック共同輸送、運転時間9157時間削減へ

特集