スバル、ロータークラフトアジア2019で最新型ヘリを訴求

SUBARU BELL 412EPX(イメージ)
  • SUBARU BELL 412EPX(イメージ)
  • SUBARU BELL 412EPX(左)と陸上自衛隊新多用途ヘリコプター(イメージ)
  • SUBARUブースデザインイメージ(ロータークラフト アジア 2019)
  • SUBARU BELL 412EPXの模型(国際航空宇宙展2018)
  • SUBARU BELL 412EPXの模型(国際航空宇宙展2018)

SUBARU(スバル)は、4月9日から11日までの3日間、シンガポールのチャンギ エキシビジョンセンターで開催される「ロータークラフトアジア2019」に、民間向け最新型ヘリコプター『SUBARU BELL 412EPX』などの模型を出展する。

ロータークラフトアジアは、成長著しいアジア市場に向けたヘリコプター中心の国際展示会で、今回は2017年に続く2回目の開催。

スバルは、2018年7月に米国連邦航空局の型式証明を取得し、すでに販売を開始しているSUBARU BELL 412EPXを紹介することで、共同開発パートナーである米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共に、同機の販売促進を図る。

また会場ブースには併せて、2019年2月28日に試作機を納入した「陸上自衛隊新多用途ヘリコプター」の模型も展示する。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集