三菱自動車、都内に車載ソフトウェア開発の新拠点設立へ

イメージ
  • イメージ

三菱自動車は、次世代のクルマづくりに必要なソフトウェアの開発力強化に向けて、R&D拠点である岡崎製作所内技術センターのサテライトオフィスとなる新拠点を、東京都内に2019年度中に設立すると発表した。

近年、クルマの安心安全に関する機能や環境対応に貢献する電動化など、社会の要請に基づくクルマづくりが求められており、さらに将来に向けて自動運転やコネクティビティなど次世代技術の開発が必要不可欠だ。三菱自動車では、これらの次世代技術の開発に加え、電動化技術や四輪駆動制御技術など、“三菱自動車らしさ”を際立たせる特長技術をより一層進化させるソフトウェア開発の強化を積極的に推進している。

今回設立する新拠点は、ソフトウェア開発に必要な最新の開発環境を整えるとともに、技術センターとシームレスな開発連携が可能。また都内に立地する優位性を活かし、グローバルな人材を登用し、同社開発者と外部機関との連携を深めるなど、次世代技術と三菱自動車らしさの特長技術を実現するソフトウェア開発を加速させる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集