新名神開通で、東名阪道の渋滞は1/4に減少

開通区間の交通量
  • 開通区間の交通量
  • 東名阪の渋滞発生回数が大幅に減少

NEXCO中日本は、新名神高速道路(新四日市JCT~亀山西JCT)および東海環状自動車道(大安IC~東員IC)開通後1週間の交通状況(速報値)を発表。東名阪道の渋滞が大幅に減少したことがわかった。

新名神 新四日市JCT~亀山西JCT、東海環状道 大安IC~東員ICが3月17日に開通し、静岡県(御殿場JCT)~滋賀県(草津JCT)間のダブルネットワークが完成した。

開通区間の交通量は、新名神 新四日市JCT~亀山西JCTが4万6600台/日、並行する東名阪道 四日市JCT~亀山JCTの交通量は約3割減少した。東海環状道 大安IC~東員ICの交通量は3400台/日、既開通区間(東員IC~新四日市JCT)の交通量は約6割増加した。

また、今回のダブルネットワーク完成により交通が分散。東名阪道 四日市JCT~亀山JCTにおける1週間の渋滞発生回数は開通前の29回から開通後はわずか7回に。慢性化していた渋滞が大幅に減少した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集