テーブルに変形する「キャンピングシェルシートバッグ」…東京モーターサイクルショー2019

タナックスのブースで来場者の注目を集めていたのは、2019年8月ごろ発売予定のユニークなシートバッグ「キャンピングシェルシートバッグ」。

一見すると普通のシートバッグのようだが……。

タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)
  • タナックス(東京モーターサイクルショー2019)

東京モーターサイクルショー2019の、タナックスのブースで、来場者の注目を集めていたのは、2019年8月ごろ発売予定のユニークなシートバッグ「キャンピングシェルシートバッグ」だ。

一見すると普通のシートバッグのようだが、上部が硬い樹脂で作られており、蓋を開けるとそのまま簡易テーブルに変形する。組み立てに要する時間は、わずか数十秒。2本の柱をネジで留めて、高さを調節したら完成だ。肝心なバッグの容量は約45リットルと大型。さらにバッグ本体にDカンがついており、上部にネットを取り付けられる。

この製品が初披露されたのは3月15~17日に開催された「大阪モーターサイクルショー2019」。そのときの反響はスタッフによると、「8月発売では夏のツーリングに間に合わない! 早く発売してくれ」との声が多数届いているそうだ。価格は未定だが、3万円台になる予定。

《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集