コネクトカーのデータを情報に即変換、新ソリューション発表…NXPセミコンダクター

NXPセミコンダクターのMPC-LSチップセット・ソリューション
  • NXPセミコンダクターのMPC-LSチップセット・ソリューション

NXPセミコンダクターは3月19日、自動車メーカーに対してコネクテッドカーのデータ利用と新サービス提供への新たな道を拓く高性能サービス指向ゲートウェイ向け車載ネットワークプロセッシングチップセットソリューションを発表した。

運転状況に応じて利用する保険、予知メンテナンス、無線通信の「OTA」でアップグレードできる車載データ適用型サービスの市場規模は、McKinsey & Companyによると、2030年までに約7500億ドルに達すると予測されている。こうしたサービスや、コネクテッドカーから得られる情報は、新たな収入機会の創出、ユーザーエクスペリエンスの向上、安全性やセキュリティの強化、コスト削減によって、自動車産業の構造的改革を促進すると見込まれている。

このような新たな機会を実現するために、自動車の中心に配置されるサービス指向ゲートウェイでは、自動車内部で大量のデータのセキュアな処理と転送が必要。こうした要求に応える車載ネットワークプロセッシングソリューションが求められている。

コネクテッドカーが生成するデータは、センサー、車の使用状況、ドライバーと同乗者の挙動から、1日でテラバイト単位にも及ぶ可能性がある。このサービス指向ゲートウェイは、生成されたデータをすぐに利用可能な情報へ変換することで、ワイヤレスネットワーク帯域幅を有効活用する性能を持つ。追加分析やデータストレージを支援するクラウドへの送信作業を、低コストに抑えることが可能になる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース