千葉市幕張に水素ステーション開所 都市ガス改質方式を初採用[訂正]

JXTGエネルギーは3月12日、「千葉幕張水素ステーション」を千葉市美浜区に開所した。

JXTGエネルギーは、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めており、41か所目となる同ステーションは、初めて「都市ガス改質方式」を採用した。また、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)と共同設置1号店となる。

また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、交通手段として燃料電池自動車(FCV)の活躍が見込まれており、競技会場から近距離にある同ステーションには、多くのFCVが訪れることが期待される。東京2020ゴールド水素パートナーであるJXTGエネルギーは、同ステーションを通じて、大会の運営を支えていく。

<おわび> 当初、企業名「JXTGエネルギー」が誤って記載されておりました。訂正して再出力しました。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース