ヤマハ発動機、4ストロークポータブル船外機「F20G」発売へ 加速性能や始動性向上

ヤマハ発動機 F20GWHL
  • ヤマハ発動機 F20GWHL
  • ヤマハ発動機 F20GWHPL
  • ヤマハ発動機(ジャパンボートショー2019)

ヤマハ発動機は、20馬力の4ストローク船外機「F20G」を開発し、4月1日より販売を開始する。

F20Gは、パワーヘッド、ブラケット、ドライブユニットなどで軽量化を図った「F25G」をベースモデルとして新開発した、総排気量432cc直列2気筒SOHCエンジン採用の小型4ストローク船外機。排気量を既存モデル「F20B」より約20%増加させ、加速性能を向上。燃料供給にはバッテリーレスフューエルインジェクションを採用し、過酷な使用環境下でも優れた始動性を発揮する。

また、可変式トローリングシステムを標準装備し、約50回転ごとのトローリングスピードを調整可能としたほか、握りやすいスロットルグリップにシフトレバー、トローリングスイッチなどを集約した、多機能で操作しやすいマルチファンクション・ティラーハンドル(ショートタイプ)を標準装備。使いやすさの向上を図った。

環境対応の面では、ブローバイガス再燃焼システムを採用することで、クリーン排気を実現。米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)の2008年度規制値、米国環境保護庁(EPA)の2010年度規制値、欧州連合マリンエンジン規制値をクリアしている。

価格(税別)は、マニュアルチルトのF20GWHLが43万2000円、パワーチルトのF20GWHPLが44万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、大型4st船外機搭載のフィッシングボートなど展示へ…ジャパンボートショー2019 画像 ホンダ、大型4st船外機搭載のフィッシングボートなど展示へ…ジャパンボートショー2019
  • 伸び続ける「船外機」需要…ヤマハ発動機、袋井南工場の生産能力を3年間で15%増強 画像 伸び続ける「船外機」需要…ヤマハ発動機、袋井南工場の生産能力を3年間で15%増強
  • ホンダ、大型4ストローク船外機BF250/BF225/BF200を一部改良 画像 ホンダ、大型4ストローク船外機BF250/BF225/BF200を一部改良

特集