ウーバー、日本最大のタクシー会社グループと配車アプリで提携

ライドシェアサービス「Uber(ウーバー)」(参考画像)
  • ライドシェアサービス「Uber(ウーバー)」(参考画像)
  • 第一交通産業グループのWEBサイト

ウーバー・テクノロジーズは3月4日、国内タクシー最大手グループの第一交通産業と、タクシー配車サービスで戦略的パートナーシップを締結する発表した。

今回のパートナーシップ契約締結に伴って今春以降、まず広島市内と広島県安芸郡の一部エリアで、第一交通産業グループのタクシーを、ウーバーのアプリを通じて配車する。乗客に到着時刻の共有機能、GPSによるリアルタイムでの追跡機能、同乗者との割り勘機能、過去の乗車履歴の確認機能など、便利でスムーズな乗車体験を提供する。

ウーバーは国内ではタクシー会社との連携を重視する戦略を打ち出しており、既に、名古屋、大阪、仙台の3都市でウーバーのアプリを通じたタクシー配車サービスを提供している。今回の戦略的パートナーシップを締結することで、タクシー会社との連携をさらに強化し、日本で快適で効率的なタクシー乗車体験を提供するとしている。

両社は今後、日本の広いエリアで順次サービスを展開していくことを目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集