広電6年ぶりの新型超低床車は3月14日から運行…2編成導入の5200形「グリーンムーバーエイペックス」

3月14日から5101号が運用に入る広島電鉄の新型超低床車5200形。車体側面を斜めに切り込んだストライプが外観上の大きなアクセントとなっている。
  • 3月14日から5101号が運用に入る広島電鉄の新型超低床車5200形。車体側面を斜めに切り込んだストライプが外観上の大きなアクセントとなっている。
  • 外観と同じグリーンをアクセントとした配色の5200形車内。

広島電鉄(広電)は3月4日、5200形「グリーンムーバーエイペックス」を3月14日から運行すると発表した。

5200形は1999年から2013年にかけて導入された5000形「グリーンムーバー」、5100形「グリーンムーバーマックス」、1000形「グリーンムーバーレックス」に続く広電の超低床車。

1000形以来6年ぶりの新型超低床車となるが、1000形は全長18m級の3連接車体であるのに対して、5200形は5000・5100形以来の全長30m級5連接車体となっている。外観はモノトーンを基調としたライトグリーンの塗色で、スピード感を表現したものとなっている。

5201・5202号の2編成が導入されるが、運行初日は5201号のみが広島駅~紙屋町東・西~広電宮島口間の2号線で運用に入り、当日は10時から広電宮島口駅(広島県廿日市)1番ホームで出発式が開催される。5202号は3月末から運行される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 広島電鉄が3駅・1停留場を改称…施設名や町名などの変更に合わせる 4月1日 画像 広島電鉄が3駅・1停留場を改称…施設名や町名などの変更に合わせる 4月1日
  • 未来とスピードをコンセプトにした新型超低床車…2019年3月、広島電鉄に登場する「グリーンムーバーエイペックス」 画像 未来とスピードをコンセプトにした新型超低床車…2019年3月、広島電鉄に登場する「グリーンムーバーエイペックス」
  • 広島電鉄もICカードの「信用降車」を実施へ…グリーンムーバーLEX限定 5月10日から 画像 広島電鉄もICカードの「信用降車」を実施へ…グリーンムーバーLEX限定 5月10日から

特集