近江鉄道の「特急電車風」700形が5月6日限りで引退…後継は元西武の900形へ

700形「あかね号」。もと西武車。
  • 700形「あかね号」。もと西武車。
  • 900形へ承継される「あかね号」。こちらも西武から譲り受けた車両を改造したもので、ダークブルーを基調とした「淡海号」やラッピング電車「虹たび号」としても運行されたことがあった。
  • 700形の前後に掲出されるラストラン幕(左)と運転室後部の車体側面に掲出されるラストランステッカー(右)。

滋賀県の近江鉄道は2月13日、前面展望タイプの700形電車が5月6日限りで引退することを明らかにした。

700形は、西武鉄道(西武)の通勤型電車401系の流れを汲む改造車で、近江鉄道開業100周年と八日市駅新駅舎の完成を記念して1998年6月に登場した。

JR東日本のジョイフルトレイン「Kenji」に似た前面展望タイプの車体となっており、近江鉄道では「特急電車風」にデザインしたという。車内はクロスシート仕様になっており、沿線で詠まれた「万葉集」の「あかねさす…」の和歌にちなんで「あかね号」の愛称が付けられていた。足回りは1960年代生まれのものだけに老朽化が進んでいた。

700形引退後の「あかね号」は900形に引き継がれ、愛称の承継は5月7日に行なわれる。900形は西武新101系の改造により2013年6月に登場した車両で、2月16日には700形と同じくクリーム色に赤・青のラインを配した「あかね号」色となる。

700形の最終運行日となる5月6日にはラストランイベントが開催される予定で、3月1日から5月6日まではラストランの幕やステッカーが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 滋賀県の近江鉄道ミュージアムが12月8日限りで閉館へ…鉄道資料館老朽化のため 画像 滋賀県の近江鉄道ミュージアムが12月8日限りで閉館へ…鉄道資料館老朽化のため
  • 近江鉄道に「ももクロ」とコラボしたヘッドマーク電車…記念乗車券も発売 4月13日から 画像 近江鉄道に「ももクロ」とコラボしたヘッドマーク電車…記念乗車券も発売 4月13日から
  • 近江鉄道の電気機関車「無償譲渡」も検討…解体予定の10両 画像 近江鉄道の電気機関車「無償譲渡」も検討…解体予定の10両
  • 築101年の駅舎…近江鉄道日野駅で2度目の再生プロジェクト 画像 築101年の駅舎…近江鉄道日野駅で2度目の再生プロジェクト

特集