鈴鹿8耐・鈴鹿サウンドオブエンジン、コレクタブルマシンオークション共催へ

鈴鹿8耐(2018年)
  • 鈴鹿8耐(2018年)
  • 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン(2018年)
  • 鈴鹿8耐(2018年)
  • 鈴鹿8耐(2018年)
  • 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン(2018年)
  • 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン(2018年)

モビリティランドは、鈴鹿サーキットで開催される「2018-2019 FIM世界耐久選手権 最終戦 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会(7月25日~28日)」、「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2019(11月16日・17日)」にて、BHオークションとの共催として、コレクタブルマシン・オークションを開催すると発表した。

BHオークションは、日本発にして初の世界市場向けコレクタブルカー(ヴィンテージカー、クラシックカー、スーパーカー、ハイパーカー)オークション。1月11日に開催された「第2回東京オートサロン・オークション with BH Auction」では、1990年式フェラーリ『F40』が1億2100万円で落札され、注目を集めた。

また、同オークション開催に伴い、「第48回サマーエンデュランス『鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)』(8月23日~25日)」のタイトルスポンサーは「SMBC BHオークション」に決定。日本発のコレクタブルカー・オークションを開催する「BHオークション」と、日本発の世界的耐久レース「SUZUKA 10H」が手を組み、双方が世界各国から注目されるイベントとなるよう、取り組んでいく。なお、同大会の会場内では、鈴鹿サウンド・オブ・エンジンにて出品される、コレクタブルカーのプレビュースペースをGPスクエアに設置する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集