エヌビディアの自動運転システム、レベル2+が可能…CES 2019で発表へ

エヌビディアのレベル2+の自動運転システム、「NVIDIA DRIVE AutoPilot」
  • エヌビディアのレベル2+の自動運転システム、「NVIDIA DRIVE AutoPilot」
  • エヌビディアのレベル2+の自動運転システム、「NVIDIA DRIVE AutoPilot」

エヌビディア(NVIDIA)は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、レベル2+の自動運転システム、「NVIDIA DRIVE AutoPilot」を初公開すると発表した。

NVIDIA DRIVE AutoPilot は、自動運転における認識機能とコックピット内のAI(人工知能)機能を組み合わせたソリューションだ。自動車メーカーは、NVIDIA DRIVE AutoPilot の導入により、自動運転機能や運転席内でのアシスタント機能、可視化機能を市場に投入することが可能になる。エヌビディアによると、これらは現在の ADAS(先進運転支援システム)が持つ性能や機能性、路上での安全性を上回るという。

DRIVE AutoPilot では、「NVIDIA Xavier」システムオンチップ (SoC) プロセッサと最新の「NVIDIA DRIVE」ソフトウェアを、初めて統合した。状況認識のために車両の外側と室内を捉えるサラウンド カメラ センサー データが、多くのディープ ニューラル ネットワークで処理される。これにより、高速道路での車線合流、車線変更およびパーソナル マッピングを含めたすべての自動運転オートパイロット機能が実現されるようになる。

また、室内向けには、ドライバー モニタリングや AI コパイロット (副操縦士)機能、車両のコンピューター ビジョン システムを用いたキャビン内で最先端の可視化機能が含まれる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集