ジェイテクト、パワーアシストスーツ第2弾は小型・軽量モデル 2019年春発売

ジェイテクト J-PAS ランバス
  • ジェイテクト J-PAS ランバス
  • アシストトルクの比較

ジェイテクトは、パワーアシストスーツ「J-PAS」シリーズ第2弾として小型・軽量化を実現した中出力タイプ「J-PAS ランバス」を開発、2019年春(予定)より販売を開始すると発表した。

ジェイテクトでは、2017年4月に新規事業推進部を組織し、アシスト技術やトライボロジー(摩擦工学)技術、さらには製造現場を持つメーカーである強みを活かし、現場作業の負担軽減、省力化を目指した商品開発を推進。その第1弾として、パワーアシストスーツ「J-PAS」を開発。2018年8月に日本国内で販売を開始した。

今回、様々な使用環境での実証結果や、小型・軽量の中出力ニーズに対応する形で、第2弾製品として小型・軽量の中出力タイプ「J-PAS ランバス」を開発した。電動アシストトルクを低めに抑えた新製品は、重量4kg(バッテリ・装具除く)と、J-PAS比で約50%の軽量化を図るとともに、腰回りのコンパクト化により業界最小クラスの腰幅を実現している。

ジェイテクトでは、製造業・物流での使用を想定した第1弾製品の販売を継続するとともに、小型化製品ラインナップを拡充。また、製品改良も重ね、さらに幅広い業種での作業の負担軽減に貢献することを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース