トヨタ、工業利用を目的とした世界初の汎用水素バーナーを開発 本社工場に導入

水素と酸素が混ざらないようにする機構
  • 水素と酸素が混ざらないようにする機構
  • 酸素濃度を下げる機構

トヨタ自動車は、工業利用を目的とした世界初の汎用水素バーナーを新開発、11月8日より愛知県豊田市の本社工場鍛造ラインに導入した。

水素バーナーは燃焼時のCO2はゼロだが、内部で水素が激しく燃焼することで火炎温度が高温になり、NOx(窒素酸化物)が多く発生。これまで実用化は困難とされていた。新開発した水素バーナーは、水素を緩やかに燃焼させる2つの新機構を導入し、CO2排出ゼロに加えてNOx排出を大幅に低減。高い環境性能を両立した。

新技術によって、現在トヨタの国内工場で1000台以上導入され、工場設備の中でもCO2排出量が多い大型都市ガスバーナーを水素バーナーに置き換えることが可能。同社は「工場CO2ゼロチャレンジ」実現に向けて、水素バーナーを他工場へ順次展開していく予定で、トヨタグループ会社内での導入も検討している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集