宅配便を旅客列車で運ぶ---佐川急便とJR北海道、貨客混載事業で提携

稚内駅
  • 稚内駅
  • 佐川急便とJR北海道が取り組む宗谷線・稚内駅~幌延駅間の貨客混載事業

佐川急便と北海道旅客鉄道(JR北海道)は10月29日、宅配便を旅客列車で運ぶ貨客混載事業で提携することで合意したと発表した。今後、両社で実証実験などを展開していく。

今回事業展開を想定しているのは、JR北海道が管轄する宗谷線・稚内駅~幌延駅間で、旅客列車に宅配便と旅客を混載して輸送することを検討する。天塩郡幌延町で1日に配達する荷物を宗谷線の客車内に積み込んで、稚内駅から幌延駅まで輸送。幌延町を担当する佐川急便のドライバーが駅で荷物を受け取り、幌延町エリアを配達する。

佐川急便は、JR稚内駅に専用ボックスで配達荷物を輸送し、宗谷線車内に専用ボックスを固定して輸送する。

ドライバー不足が課題となっている佐川急便では、北海道内の集配効率の向上を図るため、列車を使った貨客混載事業を展開したい意向があり、JR北海道に相談。JR北海道としても、列車を有効活用して収入につなげることができることから実現可能性について両社で検討を進めてきた。この結果、佐川急便とJR北海道は、宗谷線・稚内駅~幌延駅間の旅客列車を利用して宅配便を運ぶ新たな貨客混載事業に取り組むことにした。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集