グーグル親会社「アルファベット」の純利益36.5%増、車載ソフトなど好調 2018年第3四半期決算

グーグルの「Android Auto」を搭載するボルボカーズのインフォテインメントシステム「センサス」
  • グーグルの「Android Auto」を搭載するボルボカーズのインフォテインメントシステム「センサス」

グーグル(Google)の持ち株会社、アルファベット(Alphabet)は10月25日、2018年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は、337億4000万ドル(約3兆7840億円)と過去最高に。前年同期の277億7200万ドルに対して、21.5%増と2桁の伸びとなった。

また、第3四半期の純利益は、91億9200万ドル(約1兆0310億円)。前年同期の67億3200万ドルに対して、36.5%増と大きく増加している。

大幅な増益となった要因は、売り上げのおよそ9割を占有する広告収入が、前年同期に対して20.3%増と好調だったのが大きい。車載システム向けソフトウェア、「Android Auto」を含む広告以外の事業の売り上げも、前年同期比29.3%増と好調だった。

アルファベットのルース・ポラットCFO(最高財務責任者)は、「我々の事業は引き続き、世界規模で勢いがある。検索や他の製品が毎日、多くの人々に使用されているおかげ」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集