ランドローバー、自動運転車の公道テストに成功…分岐や合流にも対応

ランドローバーの自動運転車の公道テスト
  • ランドローバーの自動運転車の公道テスト
  • ランドローバーの自動運転車の公道テスト
  • ランドローバーの自動運転車の公道テスト
  • ランドローバーの自動運転車の公道テスト

ランドローバー(Land Rover)は10月10日、英国コベントリーの複雑かつ混雑した環状道路において、自動運転車を走行させることに初めて成功した、と発表した。

ランドローバーは、『レンジローバースポーツ』をベースにした自動運転プロトタイプ車を開発。市販車にも搭載されるアダプティブクルーズコントロールはそのままに、ナビゲーションセンサー、レーダー、ライダー(LiDAR)などを追加装備した。これにより、ランナバウト、信号機、歩行者、自転車などが存在する複雑な道路環境において、自動運転が可能に。また、自動駐車にも対応している。

このレンジローバースポーツをベースにした自動運転プロトタイプ車が、英国コベントリーの複雑かつ混雑した環状道路において、自動運転車を走行させることに初めて成功。コベントリーの環状道路は、英国で最も複雑な道路レイアウトのひとつとされており、分岐や合流が次々と現れ、とくにラッシュアワー時には、ドライバーに大きなストレスを与えるという。

レンジローバースポーツをベースにした自動運転プロトタイプ車は、コベントリーの環状道路を、制限速度64km/hの範囲内で自動運転。ランドローバーは、分岐や合流、車線変更を含めて自動運転に成功した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集