セーフティ&エコかパフォーマンスか、輸入車編…東京モーターフェス2018[フォトレポート]

アルファロメオ・ステルヴィオFIRST EDITION(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • アルファロメオ・ステルヴィオFIRST EDITION(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • アルファロメオ・ジュリエッタ(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • アバルト595 COMPETIZIONE(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • フィアット500X Pop Star Plus(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • メルセデスベンツCLA220 4MATIC Shooting Brake(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • マセラティ・レヴァンテ(東京モーターフェス2018、セーフティ&エコ展示)
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(東京モーターフェス2018、ハイパフォーマンス車両展示)
  • ロータス・エキシージ70th ANNIVERSARY EDITION(東京モーターフェス2018、ハイパフォーマンス車両展示)

東京モーターフェス2018(主催:日本自動車工業会)が6~8日の期間で開催され、東京臨海都心のセンタープロムナードに展示された最新のクルマ・バイクの中から、安全性能や環境性能を備えた輸入車各社イチオシモデル、ハイパフォーマンス車両を中心に紹介しよう。

センタープロムナードでは「セーフティ&エコ展示」と「ハイパフォーマンス車両展示」のほか、「働くくるま大集合!」(東京臨海副都心グループ主催、併催イベント)、「カスタマイズカー展示」、「立ち乗り型パーソナルモビリティ試乗体験」などが実施された。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集