タイムズ24×あいおいニッセイ同和損保、カーシェアの安全走行距離で保険料優遇へ

タイムズカープラス(カーシェアリング)2018年
  • タイムズカープラス(カーシェアリング)2018年

タイムズ24は10月1日、あいおいニッセイ同和損保と連携し、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」にて、安全走行した距離に応じて、自動車保険の新規契約時の保険料を優遇する制度を開始すると発表した。

従来の自動車保険はクルマの所有者を主な対象としているため、カーシェアでどれだけ安全走行を実践していたとしても保険料に反映されることはなかった。今回、タイムズ24とあいおいニッセイ同和損保は連携し、タイムズカープラスにて安全走行した距離に応じて、自動車保険の新規契約時の保険料を優遇する制度を新たに開始。クルマの安全・安心な利用を促進するとともに、初めて自動車保険に加入する際の保険料負担軽減を支援する。なお、カーシェアの走行データによる、自動車保険料の割引サービスは、国内初の取り組みとなる。

新制度に伴い、タイムズ24では10月1日より、損害保険会社にタイムズカープラスの走行データを送信する「あんぜん走行距離データ送信サービス」を開始する。データ送信は同意をした会員のみが対象で、あんぜん走行距離の積算は、データ送信に同意以降のタイムズカープラス利用分より開始となる。

タイムズ24では、あんぜん走行距離データ送信サービスの開始にあたり、同意した人に特典として同社ポイントプログラムの30プラスポイントを贈呈するキャンペーンを12月31日まで実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集