高尾山からの帰路に初の座席指定列車…11月に運行される京王の『Mt.TAKAO号』

鉄道 企業動向
紅葉シーズンの高尾線を行く5000系。
  • 紅葉シーズンの高尾線を行く5000系。
京王電鉄(京王)は9月26日、高尾山口~新宿間に初の座席指定列車を運行すると発表した。

この座席指定列車は『Mt.TAKAO号』と題し、高尾山への来山者が多い紅葉シーズンの帰路の足として運行される。

運行日は11月10~25日の土休日と11月21・22日の平日で、土休日は上り2本、11月21・22日の平日は上り1本を運行する。

時刻は平日が高尾山口15時04分発~新宿15時54分着、土休日が高尾山口15時01分発~新宿15時54分着、高尾山口17時09分発~新宿18時09分着。

『京王ライナー』と同じ5000系が使用され、車内はクロスシートとなる。途中駅での乗降は行なわない。座席指定券(400円)は運行日の7時から各列車の発車5分前まで高尾山口駅でのみ発売。荒天時などでは運休することがある。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集