トヨタ センチュリー 新型を海外要人送迎車に…帝都自動車が3台導入、マッサージ機能付

帝都自動車交通は、海外要人向けとしてトヨタの最高級車の新型『センチュリー』をハイヤー用に3台導入すると発表した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
帝都自動車交通がハイヤーとして導入する新型センチュリー
  • 帝都自動車交通がハイヤーとして導入する新型センチュリー
  • 帝都自動車交通がハイヤーとして導入する新型センチュリー
帝都自動車交通は、海外要人向けとしてトヨタの最高級車の新型『センチュリー』をハイヤー用に3台導入すると発表した。

2020年を前に、2019年は新元号に伴うセレモニーやラグビーワールドカップ2019日本大会の開催など、日本が世界の表舞台に立つ機会が多くなる。今後、ますます増加が予想される海外要人送迎車の需要に対応する。

導入するセンチュリーは1997年以来21年ぶりに全面改良した新型車。車体正面の「鳳凰(ほうおう)」のエンブレムは、職人が1カ月半かけ金型を彫り込んだ。車内のシートは本革張りで、車室の後席にはマッサージ機能を装備、ひじ置きのタッチパネルで音響やカーテン開閉など操作できる。

同社は、様々な国内・国際イベントで快適な移動を提供するため、常時、新型車種のハイヤーを導入しているとしている。

レクサスは日本向けの新型『ES』(Lexus ES)に、量産車として世界で初めてデジタルアウターミラー…
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集