アルファロメオ ジュリア と ステルヴィオ、最新「アルファコネクト」採用…欧州2019年型

自動車 ニューモデル 新型車
アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ステルヴィオ の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
  • アルファロメオ ジュリア の2019年型
アルファロメオは8月17日、『ジュリア』と『ステルヴィオ』の2019年モデルを欧州で発表した。

ジュリアは2015年秋に発表された新型スポーツセダン。最強グレードは「クアドリフォリオ」。フェラーリがチューンした2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力510hp、最大トルク61.2kgmを引き出す。0~100km/h加速3.9秒、最高速307km/hの性能を発揮する。

ステルヴィオは2016年秋に発表されたアルファロメオブランド初のSUV。スポーツカーの『4C』やスポーツセダンの新型ジュリアに続く新型車となり、アルファロメオもSUV市場に参入を果たした。

ジュリアとステルヴィオの2019年モデルには、最新の車載コネクティビティを採用しているのが特徴。ナビゲーションシステムを含むインフォテインメントシステムの「アルファコネクト」は最新版となり、8.8インチモニターを新採用。Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」も全車に標準装備した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集