JR四国でも公衆無線LANサービスを開始…駅では7月14日、電車特急車内では8月1日から

鉄道 テクノロジー

8600系とともに、8月1日から車内で順次、WiFiサービスが開始されるJR四国の8000系特急型電車。岡山~松山間の『しおかぜ』、高松~松山間の『いしづち』が対象となる。
  • 8600系とともに、8月1日から車内で順次、WiFiサービスが開始されるJR四国の8000系特急型電車。岡山~松山間の『しおかぜ』、高松~松山間の『いしづち』が対象となる。
  • WiFiサービスを実施している駅や車内ではこのステッカーが貼付される。左が駅用とそのSSID、右が車内用とそのSSID。
JR四国は6月25日、無料の公衆無線LAN(WiFi)サービスを7月14日から16駅で開始すると発表した。また、8月1日からは特急『しおかぜ』『いしづち』といった電車特急の車内でも開始する。

駅におけるWiFiサービスは、他の事業者によるものが高松駅や高知駅など21駅で行なわれているが、JR四国によるサービスとしては今回が初めて。

利用できる駅は、予讃線が多度津・詫間・観音寺・川之江・伊予三島・壬生川・伊予北条・伊予市・伊予大洲の各駅、土讃線が大歩危(おおぼけ)・後免・窪川の各駅、高徳線が栗林(りつりん)・屋島・志度の各駅、牟岐線が阿南駅で、各駅の改札口付近にアクセスポイントが設置される。

電車特急車内のWiFiサービスは順次開始され、今年度末までに全編成(8000系45両、8600系17両)でサービスを利用できるようになる予定。ただし、携帯電話網を利用するため、トンネル内や山間部などでは利用できない場合がある。

利用の際は、メールまたはSNSによる認証が必要だが、駅、車内のいずれかで認証すればシームレスに利用できるという。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集