ルネサス、車載制御用マイコンのソフト開発環境をアップデート…開発負荷を低減

自動車 ビジネス 企業動向

エンジン用マルチレート制御のマルチコア動作
  • エンジン用マルチレート制御のマルチコア動作
  • モデルからマルチコアコードを自動生成する開発環境
ルネサス エレクトロニクスは、車載制御用マルチコアマイコンのモデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」をアップデートし、複数の制御周期(マルチレート)を持つシステム開発に対応したと6月14日に発表した。

これにより、自動運転車やエコカーの開発、クルマの電動化、電子化などで複雑化するソフトウェアの開発負荷を大幅に軽減する。

従来、RH850マルチコア用モデルベース開発環境は、マルチレート制御を含む複雑なシステムでは、RTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)やデバイスドライバを含め、実機(実物のマイコン)に実装して検証する必要があった。今回、マルチレート制御に対応したことにより、マルチコア用のソフトウェアコードを直接生成可能になり、その実行性能をシミュレーションで検証できるようになった。これによりソフトウェアの開発期間も大幅に短縮できる。

提供開始は2018年秋からの予定。これに先駆けてルネサスは、7月3日(火)に東京コンファレンスセンター・品川で開催される「MathWorks Automotive Conference 2018」にデモンストレーションを出展する。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集