東武が会員登録不要の特急券ネット購入・予約サービスを開始…座席の選択も可能に 6月13日から

鉄道 企業動向

トップ画面
  • トップ画面
  • 購入時の座席選択
  • 購入時の特急券情報
  • 英語表記(イメージ)
東武鉄道(東武)は、6月13日4時50分から「特急券インターネット購入・予約サービス」を開始する。

東武では、これまで同種のサービスとして「特急券チケットレスサービス」を行なってきたが、利用には会員登録が必要で、特急券を購入せずに座席を確保する「予約」ができなかった。

今回開始されるサービスでは会員登録が不要で、クレジットカード決済により特急券を購入できる。予約は12列車まで(同日上下各3列車まで)可能で、購入の場合は座席表から座席の選択もできる。

対象外の列車・席は、100系「スペーシア」の個室、JR線直通特急、『スカイツリートレイン』、SL列車の『大樹』、DL『大樹』。東武線から野岩鉄道や会津鉄道へ乗り入れる特急『リバティ会津』の連絡特急券の購入は可能。

なお、従来の「特急券チケットレスサービス」は継続され、1日に購入できる座席数が上下各3列車までとなり、1度に8席まで購入できるようになる。また、座席位置の変更が1回まで可能となり、東武線直通分に限り、野岩鉄道・会津鉄道の駅でも購入できるようになる。

「特急券インターネット購入・予約サービス」の予約は乗車日1か月前の9時から前日まで可能で、予約日を含む7日間が購入期間となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集