カーメイト、ベビーカー市場に参入 初の自社開発製品発売へ

自動車 ビジネス 国内マーケット

エールべべ・フラコット
  • エールべべ・フラコット
  • エールべべ・フラコット
  • エールべべ・フラコット
カーメイトは、ベビーブランド「エールベベ」の新領域としてベビーカー市場に参入し、新製品「エールべべ・フラコット」を7月下旬より発売すると発表した。

カーメイトは2007年、エールべべブランドの認知向上や顧客接点拡大による開発力向上のため、海外から輸入したベビーカーの販売を開始。今回、ユーザー満足度90%を超えるエールべべチャイルドシートの設計思想をベビーカー開発にも取り入れて欲しいといった要望もあり、自社開発として初のベビーカー発売に至った。

同社は0ヶ月からでも外出したい・外出しなくてはいけないママは約半数であることに着目。新生児期のお出かけでも安心な構造にすることでママと赤ちゃんにやさしく、赤ちゃんとの行動範囲を広げるベビーカーを目指した。

新製品フラコットは、0ヶ月からのおでかけやクルマでのアクティビティを楽しむ夫婦に向け、赤ちゃんの快適性・ママ、パパの操作性が向上するよう設計した。欧州安全基準を採用しつつ、電車のドアはさみ(SG規格)にも対応するなど日本の生活環境を考慮したベビーカー。旅行やレジャーも安心して楽しめるよう安全・快適性にも配慮した車体となっている。

対象は0歳~3歳ごろ、カラーはベージュ、ブルー、グレー、レッドの4色、重量は5.8kg(コット装着時7.35kg)。価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集