マツダ、2017年度リサイクル収支黒字分を自動車リサイクル高度化財団に拠出

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ 本社
  • マツダ 本社
マツダは6月1日、自動車リサイクル法に基づく2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)の使用済み自動車のリサイクル実績を公表した。

2017年度のASR(自動車シュレッダーダスト)の引取りが15万台、重量で約2万9300トン。このうち約2万8800トンを再資源化した。ASRの再資源化率は前年実績を上回る98.2%となり、2015年度以降の法定基準70%を2008年度から継続して達成、車両のリサイクル実効率で99%を超えている。

エアバッグ類は、13万台(50万個)を引取り、回収処理または車上作動により再資源化を行った。エアバッグ類の再資源化率は93.9%と法定基準85%を上回った。また、フロン類についても14万台を適正に処理した。

特定3品目の再資源化などに要した費用の総額は14億7000万円で、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金の総額は17億1000万円、全体収支は2億4000万円の黒字となった。マツダはこのうち2億1000万円を自動車リサイクルの調査・研究などへの助成および事業を行う自動車リサイクル高度化財団に拠出。また、2012年導入の新型車より最新の実績を反映したリサイクル料金の見直しを実施している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集