はたらくのりものコレクション2018…4つのテーマで展開 6月20日から7月8日

自動車 ビジネス 企業動向

三菱みなとみらい技術館で企画展「はたらくのりものコレクション2018~見て・聞いて・体験して・楽しめる~」を開催
  • 三菱みなとみらい技術館で企画展「はたらくのりものコレクション2018~見て・聞いて・体験して・楽しめる~」を開催
三菱みなとみらい技術館は、6月20日から7月8日まで、企画展「はたらくのりものコレクション2018~見て・聞いて・体験して・楽しめる~」を開催する。

未来を担う子どもに、人々の暮らしを支え役立っているさまざまな乗り物の役割や機能、働きについて紹介する。また、日本の優れた産業技術や環境、安全・安心を支えている社会に携わる人々についても伝える。

イベントは「産業を支える」、「安全・安心を支える」、「生活・余暇を支える」、「地域を支える」の4つをテーマに、コレクションした実機、模型などの展示や体験、トークイベントなどを実施する。実機に試乗しての記念撮影、模型、展示を見ての学習、クイズやトークショーへの参加など、多岐にわたる催しで構成する。

「産業を支える」では、三菱ロジスネクストや日本キャタピラーの協力で、フォークリフトや油圧ショベル、卸売市場などで活躍する運搬車(ターレー)などの実物を展示する。「安全・安心を支える」では、神奈川県警察本部のパトカーや白バイの体験乗車とともに、交通安全教室を開催する。横浜市消防局の地震体験車や消防車も展する。

「生活・余暇を支える」では、ドクターイエローの模型とパネル展示、横浜高速鉄道からのクイズ大会なども行う。「地域を支える」では、横浜市電保存館の運転シミュレータ体験や、 みなとみらい地区を走る水陸両用バス「スカイダック」を展示するほか、特別便を運航させる。

また、東京都市大学鉄道研究部の協力によるNゲージのジオラマ走行展示、運転体験もできる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集