マツダ スクラムトラック、誤発進抑制機能を一部機種に採用

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ スクラムトラック 「KCエアコン・パワステ」(2WD・3AT車)
  • マツダ スクラムトラック 「KCエアコン・パワステ」(2WD・3AT車)
マツダは、軽トラック『マツダ スクラムトラック』を一部改良して、5月25日より販売を開始した。

今回の一部改良では、衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能(前進時/後退時)」をマツダの軽トラックとして初採用。(「KX」の全車に標準装備、「KCエアコン・パワステ」のAT車にメーカーオプション設定)。車両の前方および後方に装備した計4つの超音波センサーが障害物を検知、誤発進を抑制する。

価格は84万4560円から122万1480円。なおスクラムトラックは、『キャリイ』を元車両とするスズキからのOEM供給車。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集