ホンダ CRF450R/RX、2019年モデル発売へ 市販モトクロス&エンデューロレーサー

モーターサイクル 新型車
ホンダ CRF450R
  • ホンダ CRF450R
  • ホンダ CRF450RX
ホンダは、市販モトクロッサー『CRF450R』およびエンデューロレーサー『CRF450RX』の2019年モデルを発表、受注期間限定で8月28日に発売する。

両モデルとも、燃焼室形状と排気レイアウトを見直し、排気効率を高めることでエンジンの全回転域において出力・トルクを向上させた。また、エンジンの回転上昇を瞬時に制御する3段階のレベルが選択可能なローンチコントロールシステムを採用。ワークスマシンからフィードバックした同システムは、スタート直後の急激なアクセルワークに対して着実なトルクを与え、より安定したスタートを実現する。

車体は、ピボットプレートとエンジンハンガーを変更し、剛性の最適化を図ることで、しなやかな特性とした。また、ハンドル位置を従来モデルより低く設定することで、ライダーがより自由に体重移動しやすいよう配慮したほか、トップブリッジにハンドルホルダーの取り付け孔を前後2か所配置し、ハンドルホルダーのハンドル受け部を偏心させることで、4通りのハンドル位置が選択できるなど、操縦のしやすさを追求している。

カラーリングは、両モデルともにホンダワークスマシンのイメージを継承するエクストリームレッドを主体色に、ホイールリムを精悍なブラックとしている。

価格はCRF450Rが96万6600円、CRF450RXが98万2800円。受注期間は5月29日から12月28日まで。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集