矢崎総業、車内ネットワークを最適化する「EEDDSシステム」を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 テクノロジー ネット
矢崎総業 ブースイメージ
  • 矢崎総業 ブースイメージ
矢崎総業は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、「CONNECT to the future」をコンセプトとし、先進自動車技術に貢献する最新技術を紹介する。

矢崎総業ブースでは、電力と信号と情報を最適に分配し表示するEEDDS(Electrical/ Electronic Distribution and Display System)関連技術を中心に、さまざまな車両の安全、小型・軽量化に貢献する最適化された車内ネットワーク構成の概念「EEDDSシステムアーキテクチャ」をわかりやすく紹介する。

また、快適な車両空間に貢献する、高信頼性、高効率な電源システム、高圧電源分配システム、通信システムの3つのシステムを主軸に、開発中の製品も含めて提案する。

電源システムでは、電源分配BOXで異常な電源ラインを切り離し、DC/DCコンバータから安定した電源を供給するシステムを紹介する。高圧電源分配システムについては、充電からバッテリ、駆動用モータまで、電源の接続・蓄電・配電に関する製品群をシステムとしてトータルで提案。通信システムでは、簡易な車両組み付け性を向上させ、製造ばらつきや配索損失も加味した信頼性の高い通信システムを提案する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集