三菱 ギャラン VR-4、往年のWRCグループAマシンがオークションに出品へ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
  • 三菱 ギャラン VR-4 のグループAラリーカー(1990年式)
RMサザビーズは、5月12日にモナコで開催される自動車オークションに、三菱『ギャランVR-4』のグループAラリーカー(1990年式)が出品される、と発表した。

WRC(世界ラリー選手権)は1987年から、年間2500台以上生産される市販車をベースとする「グループA」車両規定を導入。このグループAは、市販モデルの外観を改造してはならないなどの規定があり、三菱はWRC参戦を想定した市販車として、ギャランVR-4を開発した。

ギャランVR-4には、4G63型2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。駆動方式は4WD。そのノウハウは、後に『ランサーエボリューション』に受け継がれる。

ギャランVR-4のグループAラリーカーは1988年、WRCのニュージーランドラリーでデビュー。1989年には、WRCの1000湖ラリーで優勝。三菱にとってWRCでの勝利は、1976年のサファリラリー以来となった。同年、WRCのRACラリーでも優勝を果たす。

この三菱ギャランVR-4のグループAラリーカー(1990年式)が、RMサザビーズの5月12日のモナコオークションに出品される予定。予想落札価格は、9万~13万ユーロ(約1175~1670万円)、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集