グローバルで水素の活用を検討、「水素閣僚会議」を経産省とNEDOが開催 10月

自動車 社会 行政
トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
  • トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、グローバルな水素活用に向けて10月23日に「水素閣僚会議」を東京都内で開催する。

水素は、化石燃料と二酸化炭素回収・貯留や再生可能エネルギーなどのリソースを結びつけ、脱炭素化を実現するキーテクノロジーで、世界各国で水素利用に向けた取り組みが進められている。日本は昨年12月、世界で初めての水素基本戦略を策定し、再生可能エネルギーと並ぶ新たなエネルギーの選択肢として、水素を本格的に利用する水素社会を実現するため、戦略に基づいて供給・利用両面の取り組みを進めている。

今後、各国で大きな注目を集める水素の利活用をグローバルな規模で推進していくためには、関係各国が歩調を合わせて連携していくことが重要。このため、経済産業省とNEDOは、水素閣僚会議を開催し、来年のG20日本開催も視野に入れながら、各国の革新的な取り組みや知見、国際連携の可能性を確認する。同時にグローバルな水素利活用に向けた政策の方向性を議論し、認識の共有を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集