アストンマーティンの潜水艇、最終デザインを発表…水深500mまで潜水可能

自動車 ビジネス 企業動向

アストンマーティンの潜水艇「プロジェクト・ネプチューン」の最終デザイン
  • アストンマーティンの潜水艇「プロジェクト・ネプチューン」の最終デザイン
  • アストンマーティンの潜水艇「プロジェクト・ネプチューン」の最終デザイン
  • アストンマーティンの潜水艇「プロジェクト・ネプチューン」の最終デザイン
  • アストンマーティンの潜水艇「プロジェクト・ネプチューン」の最終デザイン
アストンマーティンは、トリトン・サブマリーンズ社と共同開発を進めている潜水艇の最終デザインを発表した。

アストンマーティンと潜水艇メーカーのトリトン・サブマリーンズ社は2017年秋、製品開発に関する業務提携を締結。コードネーム「プロジェクト・ネプチューン」と命名された新型潜水艇の共同開発に着手した。

トリトン社は米国フロリダ州に本拠を置き、潜水艇のデザインや生産などの面で、豊富なノウハウを持つ。プロジェクト・ネプチューンでは、トリトンの潜水艇の開発のノウハウと、アストンマーティンのクラフトマンシップを融合。エクスクルーシブな潜水艇を少量限定生産する計画。

アストンマーティンは今回、新型潜水艇の最終デザインを発表。トリトンの3人乗り「ロープロファイル(LP)」プラットフォームをベースに、アストンマーティンのデザイン言語を反映させた潜水艇を設計している。

なお、この潜水艦は定員が3名で、水深500mまで潜水できる性能を備える。正面面積を減らし、出力を引き上げることによって、潜水艇は最高速5ノット以上で航行できるという。

アストンマーティンは2018年後半、プロジェクト・ネプチューンの市販モデルを初公開する予定。「Q byアストンマーティン」によるカスタマイズとパーソナライズのオプションが選択可能、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集