ドライブインシアターが復活!…16m×8mの巨大スクリーン

モータースポーツ/エンタメ 映画
ロングビーチ Drive-in Theater イメージパース
  • ロングビーチ Drive-in Theater イメージパース
  • ロングビーチ Drive-in Theater スクリーン・イメージ
  • ロングビーチ Drive-in Theater
  • ロングビーチ Drive-in Theater
  • ロングビーチ Drive-in Theater イメージパース
  • ロングビーチ Drive-in Theater スクリーン・イメージ
  • CINEMATHEQUE
  • CINEMATHEQUE
神奈川県にある大磯プリンスホテルロングビーチ駐車場では、5月19日(土)に車に乗ったまま映画を楽しむことができる「ロングビーチ Drive-in Theater」が開催されることが決定した。

「最高にロマンティックな体験を。」をコンセプトに、CINEMA(映画)とDISCOTHEQUE(音楽)をかけ合わせた新たなカルチャーを提案していく「CINEMATHEQUE(シネマティーク)」の第1弾イベントとして開催される今回。1960年代にアメリカで大流行した映画カルチャー、ドライブイン・シアターがモチーフで、日本では2010年に「ドライブインシアター大磯」が閉館してしまっているため、現存する施設はすでになく、今回が一夜限りの復刻イベントとなる。


大磯プリンスホテルの大規模な駐車場に、国内最大級16m×8mのドイツ製巨大スクリーンを設置し、車に乗ったまま映画を楽しむことができるシアターでは、アンセル・エルゴート主演の『ベイビー・ドライバー』を上映。また、DJやサウンド・プロデューサーとして活動するDJ HASEBEが会場を彩る。


さらに上映前には、アイスウォッチ(ICE-WATCH)との限定コラボレーションロゴをTシャツやトートバッグにプリントできるワークショップや、リニューアルしたばかりのフレアフレグランス「IROKA」のセンシュアルな美の世界を五感で体験できるブース、飲食販売など様々なコンテンツも充実している。

ドライブインシアターが一夜限りの復活! 『ベイビー・ドライバー』を上映

《cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集