マツダ防府第2工場、9年8か月ぶりの2直操業へ 国内生産拠点をフル稼働

自動車 ビジネス 企業動向
防府工場
  • 防府工場
マツダは、8月20日より防府第2工場(山口県防府市)を2直(昼・夜勤)で操業することを発表した。

防府第2工場の2直操業は、2008年12月以来9年8か月ぶり。これによって国内における車両生産拠点はすべて2直操業となる。

マツダでは、『CX-3』と『CX-5』を宇品工場(広島市)に加えて防府工場でも量産するなど、工場が持つ能力を最大限まで活用。需要動向にスピーディーに対応するために、工場間でフレキシブルに生産する体制を構築している。

今回、防府工場と宇品工場の操業体制を合わせることで、さらに効率的でフレキシブルな生産を実現するとともに、より迅速に高品質なマツダ車を提供できる体制の整備を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集