フォードモーターの純利益9%増、自動運転やスマートモビリティへの投資は継続 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
フォードモーターの自動運転テスト車両
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
  • フォードモーターの自動運転の試験車両
米国の自動車大手、フォードモーターは4月25日、2018年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は390億1200万ドル(約4兆2687億円)。前年同期の364億7500万ドルに対して、7%増加した。

また、第1四半期の純利益は、17億3600万ドル(約1586億円)。前年同期の15億9200万ドルに対して、9%の増益となっている。

第1四半期の部門別の業績では、モビリティ部門の赤字が増大。しかし、フォードモーターは自動運転やスマートモビリティへの投資は継続する、としている。

フォードモーターのジム・ハケット社長兼CEOは、「収益性の高い成長を推進し、長期的には事業の収益を最大化するための全力を尽くす。業績の悪い部分のリターンを引き上げていく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMWグループ、自動運転の開発に最新AI活用…市街地の複雑な交通に対応 画像 BMWグループ、自動運転の開発に最新AI活用…市街地の複雑な交通に対応
  • 自動運転レベル3以上で認められる行為---睡眠は困難で飲酒は認めない 警察庁の調査報告 画像 自動運転レベル3以上で認められる行為---睡眠は困難で飲酒は認めない 警察庁の調査報告
  • ラストマイル---地域住民が参加して自動運転車の実証実験へ 産総研 画像 ラストマイル---地域住民が参加して自動運転車の実証実験へ 産総研
  • AIで思考し動くフォークリフト…ZFが自動運転システムを発表 画像 AIで思考し動くフォークリフト…ZFが自動運転システムを発表

特集

おすすめのニュース