東武の尾瀬夜行に「リバティ」を初投入 6-10月に計27本を運行

鉄道 企業動向
通常は特急『リバティけごん』などに使用されている500系だが、今シーズンから尾瀬夜行にも入り、サービスアップが図られることになった。
  • 通常は特急『リバティけごん』などに使用されている500系だが、今シーズンから尾瀬夜行にも入り、サービスアップが図られることになった。
東武鉄道(東武)は4月25日、毎年6~10月に運行している尾瀬方面への臨時夜行列車『尾瀬夜行23:55』(尾瀬夜行)に、2017年4月に登場した新型特急用電車500系「リバティ」を投入すると発表した。

尾瀬夜行は、浅草駅(東京都台東区)を23時55分に発車し、途中、北千住・新越谷・春日部の各駅に停車。新藤原駅(栃木県日光市)から野岩(やがん)鉄道に入線し、終着の会津高原尾瀬口駅(福島県南会津町)には翌3時18分に到着。同駅で沼山峠行きの連絡バスが接続する。

昨シーズンまでは、特急用の300系電車などが使用されていたが、昨年4月に引退したため、今シーズンからは300系に代わり登場した「リバティ」が充当されることになった。

今シーズンの尾瀬夜行は、浅草駅発基準で、6月1日から10月12日までの金・土曜に、計27本が運行される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 特急に南会津の花嫁行列…東武500系リバティ、2年目の拍手[動画] 画像 特急に南会津の花嫁行列…東武500系リバティ、2年目の拍手[動画]
  • 東武鉄道の新型特急「リバティ」車内販売サービスを導入 12月28日から 画像 東武鉄道の新型特急「リバティ」車内販売サービスを導入 12月28日から
  • 東武の急行用1800系電車がラストラン…最後まで残る1819号編成を使用 5月20日 画像 東武の急行用1800系電車がラストラン…最後まで残る1819号編成を使用 5月20日
  • SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート 画像 SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート

特集

おすすめのニュース