JR貨物がゴールデンウィークに増発…ドライバー不足に対応、コンテナ列車611本運行

自動車 ビジネス 企業動向
貨物列車の例
  • 貨物列車の例
JR貨物は、ゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月7日)に貨物列車を合計611本のコンテナ列車を運行すると発表した。

トラックドライバー不足への対応や、CO2排出量削減といった環境配慮に取り組んでいる企業を中心に、鉄道へのモーダルシフトの動きが進んでいる。こうした中、同社では、ゴールデンウィーク、年末年始の長期休暇期間、利用客の休業状況などを勘案し、貨物列車の運転を行っている。

今年のゴールデンウィーク期間中はコンテナを前年より15本増となる611本、車扱を2本多い162本、合計773本運行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JR貨物、10%の運賃値上げへ…純粋な改定としてはJRグループ初 10月から 画像 JR貨物、10%の運賃値上げへ…純粋な改定としてはJRグループ初 10月から
  • JR貨物のコンテナを背高タイプに統一へ…国鉄型貨車の定期運用離脱で 画像 JR貨物のコンテナを背高タイプに統一へ…国鉄型貨車の定期運用離脱で
  • JR貨物、臨時列車を運転 引越しシーズンのトラックドライバー不足に対応 画像 JR貨物、臨時列車を運転 引越しシーズンのトラックドライバー不足に対応
  • 「ラストワンマイル」物流危機で運送事業者が協同組合を設立---荷主と役割を分担 画像 「ラストワンマイル」物流危機で運送事業者が協同組合を設立---荷主と役割を分担

特集

おすすめのニュース