BMWグループ、3Dプリンターによる部品生産を強化…市販車やカスタマイズパーツに拡大採用へ

自動車 ビジネス 企業動向

BMW i8ロードスターで使用されている3Dプリンターで生産された部品
  • BMW i8ロードスターで使用されている3Dプリンターで生産された部品
  • BMW i8ロードスターで使用されている3Dプリンターで生産された部品
  • BMW i8ロードスターで使用されている3Dプリンターで生産された部品
BMWグループは4月16日、ドイツ・ミュンヘン工場に1000万ユーロ以上を投資し、3Dプリンターを使った部品生産を強化すると発表した。

BMWグループは2017年春、BMW iベンチャーズ社を通じて米国の3Dプリンター開発企業、「デスクトップ・メタル社」に出資。デスクトップ・メタル社は、金属を成形できる3Dプリンターの開発に取り組んでいる。

BMWグループは同社のノウハウを取り入れ、、BMW「i」ブランドのプラグインハイブリッド(PHV)スポーツカー、『i8ロードスター』では、複数の金属部品を3Dプリンターで製造。具体的には、ソフトトップの収納部などに、3Dプリンターで生産したアルミ合金製部品を使用している。

今回、BMWグループは、ドイツ・ミュンヘン工場に1000万ユーロ以上を投資し、3Dプリンターによる部品生産を強化すると発表。同工場に3Dプリンターを使った生産を集約し、量産車や開発プロトタイプ車両向け部品、各種カスタマイズパーツなどに拡大採用していく、としている。

「XC60が小型になったのではなく、XC40として作りこんだ」。ボルボのコメント通り、外…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集