ミサワホーム不動産が駐車場シェアリング事業に参入

自動車 ビジネス 国内マーケット
空き駐車場の利活用イメージ
  • 空き駐車場の利活用イメージ
  • 駐車場シェアリングサービスでの各社の役割
ミサワホーム不動産は、シェアリングサービス、NTTドコモと、ドコモの「スマートパーキングシステム」を活用して集合住宅の空き駐車場を時間貸しする駐車場シェアリング事業に参入すると発表した。

若者の車離れなどもあって、マンションやアパートなどの集合住宅で駐車場の契約率が低下している。一方で、都心部を中心に時間貸し駐車場が不足している。

ドコモはこれらの課題に対応するため、2017年7月から駐車場シェア事業を簡単にできる「スマートパーキングシステム」を提供。同システムを使えば時間貸し駐車場の初期投資、ランニングコストを抑制、最短2時間で設備を施工できる。

今回、ミサワホーム不動産が管理する集合住宅などのオーナーから利用が可能な空き注射用の候補地情報を収集し、シェアリングサービスが各候補地に関する時間貸し駐車場としての事業性を評価する。ドコモはシステムを提供・運用してドライバーに時間貸し駐車場として貸し出す。

事業はまず東京都の西部エリアを中心に4カ所で展開、順次拡大していく。

時間貸し駐車場は同システムによる運営駐車場の利用者向け専用アプリ「Peasy」で利用できる。アプリでは駐車場の満空状態や料金の確認、利用開始30分前からの事前予約、料金のオンライン決済が可能。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集