広島電鉄もICカードの「信用降車」を実施へ…グリーンムーバーLEX限定 5月10日から

鉄道 企業動向
2013年に登場した広島電鉄の超低床車両1000形「グリーンムーバーLEX」。2005年に登場した5100形「グリーンムーバーマックス」に次ぐ超低床車両で、現在、12両が在籍。2号線(広島駅~広電宮島口間)を除く全線で運行されている。
  • 2013年に登場した広島電鉄の超低床車両1000形「グリーンムーバーLEX」。2005年に登場した5100形「グリーンムーバーマックス」に次ぐ超低床車両で、現在、12両が在籍。2号線(広島駅~広電宮島口間)を除く全線で運行されている。
  • ICカード全扉降車サービス実施中であることを示すステッカーとその貼付位置。
広島市の広島電鉄は4月16日、超低床車両の1000形「グリーンムーバーLEX」で、ICカード全扉降車サービスを5月10日から開始すると発表した。

広島電鉄ではこれまで、ICカードで乗車した場合、運転士がいる前位の扉からしか降車ができなかったが、降車時の移動距離を短くするため、1枚のカードを1人で利用する場合は、1000形限定で後位の入口扉からの降車も可能になる。

これはいわゆる「信用降車」というもので、富山市の富山ライトレールでは2006年7月からラッシュ時限定で実施されており、2017年10月からはすべての時間帯に拡大されている。

このサービス開始に向けて、1000形では正面と入口扉に「ICカード全扉降車車両」のステッカーを貼付。入口扉のICカードリーダーが順次1か所に変更となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集