ヤナセ、メルセデスベンツ姫路を移転リニューアル 展示スペースを拡張

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデス・ベンツ姫路
  • メルセデス・ベンツ姫路
ヤナセは、兵庫県姫路市の「ヤナセ 姫路支店(メルセデス・ベンツ姫路)」を20年ぶりに移転・新築し、4月13日より営業を開始した。

同社は1968年5月、ヤナセ 姫路支店の前身となる「姫路営業所」を同市今宿神子岡前に開設し、その後1998年4月に同市土山に移転。そして今回、姫路市中心部エリアの新車販売体制の強化を目的に、同市中地に移転・新築した。

新店舗は、姫路バイパス(国道2号)「中地ランプ」下車すぐ、国道415号沿い角、JR姫路駅から車で約15分の交通量が多い場所に開設。最新CIデザインに準拠した拠点として、展示スペースをこれまでの4台から8台に拡張し、より多くのメルセデスベンツラインアップを紹介する。

サービスワークショップは8ベイを備え、質の高い整備・修理技術を持つ熟練のスタッフが安心で快適なカーライフをサポート。また、これまで同市西庄にあった姫路サービスセンターを統合し、サービス向上を目指す。さらに認定中古車20台を展示する同市西庄の「メルセデス・ベンツ姫路 サーティファイドカーセンター」とより連携を強化し、顧客満足度を高めていく。

メルセデスベンツ『Cクラス』の改良新型モデルの先進運転支援システム(ADAS)は、『Sクラス』…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集