トヨタのインド販売3%増、主力SUVが牽引 2018年第1四半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・フォーチュナー
  • トヨタ・フォーチュナー
  • 新型トヨタ カローラ アルティス
  • トヨタ・ヤリス 新型
トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーターは4月2日、2018年第1四半期(1~3月)のインド新車販売台数の結果を公表した。総販売台数は3万6754台。前年同期比は3%増だった。

車種別実績では、主力SUVの『フォーチュナー』が前年同期比83%増と大きく増加。2017年4月に投入された新型『カローラアルティス』も、前年同期比16%増と好調だった。

また、トヨタ・キルロスカ・モーターは2018年4月から、新型『ヤリス』の予約受注を開始。今後の販売に期待が持てる、としている。

トヨタ・キルロスカ・モーターのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「2017年第1四半期の3%の伸びは喜ばしいこと。今後も販売の勢いを維持していく」と述べている。

自動車業界で働く女性は少ない! その仕事を選んだきっかけ、やっていてよかったと思…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集